20代 就職 有利

TOPページ > 20代 就職ポイント > 20代 就職 有利

20代就職の有利な点とは?

20代就職の有利な点についてお伝えしますね。

「フリーターや第二新卒から正社員として就職したい」「まずは契約社員や準社員で就職し、その後ステップアップで正社員を目指す」など20代の就職は色々な可能性があります。

今までアルバイトを含めて仕事経験がない場合でも、20代ならまだ可能性はありますよ。その場合は就職に有利な資格を目指すと良いですね。

女性なら簿記検定や秘書検定、ワード、エクセル検定など。男性は事務ワークが難しいので、法律系資格や宅建を狙ってみても良いでしょう。

「資格や検定は時間がかかる、今すぐ就職したい!」と考えている場合は、求人サイトに登録して積極的に求人案件を探して下さいね。

20代の最大の武器、有利な点は若さです。

30歳を過ぎてフリーターから正社員を目指すのは現実的ではありません。そのまま40代となれば…更に厳しいですよね。

しかし20代であれば、年齢という武器で就職の可能性が高くなるのです。そもそも企業の採用担当者も、20代に職歴は求めていないと思います。

よほど平均年齢が若い業界、20代が中心で活躍している業界(ソーシャルゲームのアプリ開発など)は別ですが、一般的な販売業、接客業、流通業、製造業であれば、そこまでキャリアは求められないことでしょう。

幅広く求人を探しましょう

実際私も20代前半の時に、アルバイトさえ未経験の状態から、企業に就職することが出来ました。大学中退なので、最終学歴は高卒です。それでも正社員として就職できましたし、20代の経験を活かして、30歳を過ぎてからも転職できました。

コツとしては、幅広く求人を探すことですね。

ハローワーク、求人情報雑誌、ネット広告、新聞広告、知人の紹介など、一つに限定しないで探し続けることが大切かなと思います。

そして転職求人サイトです。今は多数の求人サイトがありますし、インターネットから気軽に登録することが出来ますから、第一歩として登録してみてはどうでしょうか?

たとえばリクナビNEXTに登録すれば、レジュメ登録も可能になります。年齢や職歴、資格などを入力することで、企業の側から、あなたにアプローチメールが届くことがありますよ。

他にも、就職・転職に関する様々な情報を知ることが出来ますので、20代の仕事探しにおすすめです。