20代就職 飲食業界

飲食業界への就職を目指している20代の方へ

飲食業界はフリーターからでも就職しやすい職種のひとつになり、お仕事探しをしている20代の方の中には飲食業界へ就職をするという方は多くいますね。

求人サイトなどを見ても多くの飲食業界の求人を見る事ができますし、未経験者を歓迎している飲食業界求人も多いですよ。

また、飲食業界は今までの学歴や経歴よりも仕事へのやる気や人間性が採用の判断材料になるので志望動機や自己PRでうまく自分の事をアピールする事ができれば採用をもらえる可能性も高くする事ができます。

ただ、飲食業界にも様々な企業があり、中にはブラック企業と言われている企業も存在するので職場選びは慎重に行いましょうね。

就職後に後悔してしまうとまたすぐに転職をしなければいけないハメになってしまうので注意が必要です。慎重に求人探し・就活を行い、1回で自分に合った企業を見つけて就職するようにしましょう。

頻繁に求人募集をかけている企業には気を付ける

本来、求人サイトは1週間に1回程度、求人情報が更新されます。もちろん人材の確保に成功した企業の求人は掲載がストップされます。求人サイトに求人を掲載するにも高い費用がかかりますからね。

しかし、求人探しを行っていると、よく見かける求人がいくつかあります。私も求人探しをしていた時にいろんな求人サイトで同じ企業の求人を見たことはよくありました。

しかも好条件・高待遇の求人なのにいつも人材を募集しているんですね。なんでいい条件なのに募集が集まらないんだろうといつも思っていました。

ここで考えられる事は、

・企業が求める人物像とマッチングした人材が見つからないため
・企業になにかしらの問題があって従業員の入れ替わりが激しい

上記の2つの事が考えられます。

企業が求める人物像とマッチングした人材が見つからないという事で常に求人を掲載している企業は人材確保にも慎重という印象を持つ事ができますが、後者の企業になにかしらの問題があって従業員の入れ替わりが激しい企業はブラック企業の可能性が高いので注意しましょう。

例えば、求人に記載されている条件と実際に条件が違ったという話はよく聞きますね。実際に就職して働きはじめてみると残業が多い、給料が低い、という理由で就業後にすぐに退職してしまう方は多いです。企業側もまたすぐに人材募集をしなければいけなく再度、求人を掲載するため常に求人サイトに求人が掲載されているんですね。

求人に記載している通りの条件で人材を募集している企業や働きやすい環境を用意している企業ですと離職率は低く、一度の募集で人材を確保できる傾向にありますが、逆に求人に記載されている条件と違う労働条件の企業は離職率が高く、就職後に後悔してしまう可能性があるので注意が必要です。

飲食業界を含むサービス業はただでさえ労働条件が悪い企業やブラックな企業が多い傾向にあるので職場選びは慎重に行い、後悔のしない就職をしましょう。

飲食業界に向いている人ってどんな人?

飲食業界に向いている人とは一体どのような人になるのでしょうか。

飲食業界は食品を扱う仕事になるので、まず挙げられる事は料理が好きな人、料理に興味がある人、になりますね。やはり、飲食業界のお仕事の一番のメインは料理を作る事になりますので料理を作る事が好きという方、料理に興味があるという方には向いているお仕事ですね。

他にも人に喜んでもらえる仕事がしたい、やりがいのある仕事がしたい、という人も飲食業界のお仕事は向いています。自分が作った料理でお客様が笑顔になって喜んでくれれば大きなやりがいを得る事ができますよ。

また、飲食業界はお客様相手のお仕事でもあるので接客をする事にもなります。人と接する事が好き、コミュニケーションをとる事が得意、という人も飲食業界に向いていますよ。

もし自分の性格や人間性が飲食業界に向いている場合は飲食業界に就職する事も選択肢のひとつに入れて頂きたいと思います。