20代フリーター 仕事探し

TOPページ > フリーター就職 > 20代 フリーター仕事探し

20代フリーターの仕事探しのポイント

20代フリーターの仕事探しですが、以下のパターンが考えられますね。

1.すでに希望する業界が決まっている
2.志望する業界は決まっていないが正社員になりたい

1の場合は、積極的に目指す業界の情報収集を行って下さい。

未経験フリーター(20代)でも就職できる業界なのか、就職に有利な資格はあるのか、その辺りの情報ですね。

もちろん実際の正社員求人も調べて下さい。まずは一般的な求人サイトの公開求人を調べると良いでしょう。

あなたの居住地域に求人が出ているかどうか、給与や賞与、労働時間、残業の有無などを比較しながら調べることで、志望動機や自己PRの文章も自然に浮かぶのではないでしょうか。

しかし公開求人だけでは限界がありますので、就職支援サービスを併用すると良いですね。

今は20代フリーターを対象にしている支援サービスがありますし、そのような就職サイトを活用することで、履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策を教えてもらえますよ。

悩みや不安に関してもアドバイザーに相談できますし、あなたが希望する正社員求人をスムーズに紹介してもらえる可能性がありますので。

次に2の『志望する業界は決まっていないが正社員になりたい』というパターンですが、『すでに目指す業界が決まっている』よりも自然かもしれません。

なぜなら、実際に正社員として働いた経験がないからです。就職して仕事に携わるまでは、あくまでも『ぼんやりとした情報』に過ぎないんですよね。

ぼんやりした情報がぼんやりした希望となり…

「何となく格好いいイメージだな」
「自分に合っている業界じゃないかな」

という思いが強化されるのではないでしょうか。

20代のうちは自分の可能性を無条件に信じやすいです。特に男性は万能感に包まれることがありますし、身の程を超えた業界で働きたい、と考えるかもしれません。

仕事には向き・不向きがある

しかし実際は、向き不向きがあります。

働きたい業界と働ける業界は違うんですよね。そのことに気付いてからが勝負とも言えますし、逆に可能性を信じられるからこそ、切り開かれる道もあるでしょう。

ただし、少なくとも現実を見るならば、志望する業界は決まっていない方が柔軟に就職を考えられますよ。

サポート型の就職支援サイトに無料登録して、アドバイザーと面談する中で、徐々に志望する業界が固まることもありますし、

「絶対にゲーム業界で働きたい」
「マスコミ関係の会社で働きたい」
「何としても一流企業で働きたい」

などと考えるよりも、正社員就職できる可能性は高いことでしょう。

正社員登用されやすいのは、やはり20代

ポイントは20代のうちに本気で就活を行うことですね。たとえ20代後半(27歳、28歳、29歳)でも、まだ正社員就職には間に合います。しかし30代を過ぎれば…途端に就職のハードルが上がるんですよね。

アルバイト経験しかないまま31歳、32歳、33歳と年齢を重ねれば…正社員になるのは難しいです。

派遣社員からはじめて運が良ければ正社員へステップアップできる、というパターンが多いと思いますし、そうなる前に(20代の内に)真剣に就活を行って下さいね。

就職支援サイトを利用することで、効率的に就活できますので。